超大規模防災対象物の自衛消防力強化へ

 超大規模施設の自衛消防活動の在り方について検討を進めてきた総務省消防庁の部会(座長=小林恭一・東京理科大学総合研究院教授)は3月22日、自衛消防組織の指揮能力を向上させるため「シナリオ非提示型図上訓練」の実施が望ましいなどとする報告書をまとめた。これを受け同庁は「大規模地震等に対応した消防計画作成ガイドライン」を一部改訂した。