第45回建築物環境衛生管理全国大会 20人に厚生労働大臣表彰

(公財)日本建築衛生管理教育センターは1月18~19日の2日間、東京都千代田区の日本教育会館一ツ橋ホールで「第45回建築物環境衛生管理全国大会」を開催した。大会のメーンテーマは「個別管理へのアプローチ」。2日間にわたる研究集会では給排水、健康影響、害虫防除、清掃、空気環境など建築物衛生管理に関する6分野・20題の研究発表のほか、前川修・東京都環境局資源循環推進部産業廃棄物技術担当課長による特別講演「スーパーエコタウン事業の概要と成果」、澤地孝男・建築研究所理事による専門講座「非住宅建築物のための新しい省エネルギー基準」、「タスク・アンビエント空調/パーソナル空調の環境衛生管理の考え方」をテーマにしたシンポジウムも行われた。