改正品確法が施行

 公共工事の品質確保の促進に関する法律(品確法)の一部改正法が6月14日に公布・施行された。改正法には発注者の責務として「公共工事の目的物の維持管理」に関する規定も盛り込まれている。今後、同法に基づく基本方針や運用指針の改正が予定されており、ビルメンテナンス業務発注関係事務ガイドラインの見直しも行われるものとみられる。