平成30年度ビルメンテナンス関連入札結果(東京)

東京都財務局契約第2課が担当する平成30年度ビルメンテナンス関連案件の入札結果がほぼ出揃った。ビルメンテナンス協会などが品質重視の入札方式として適用拡大を求めている総合評価方式は建物清掃2件、設備管理5件、警備7件で採用され、技術点の高かった企業が落札した。一方、最低価格落札方式で実施された案件では、落札金額が前年を下回ったものも多く、依然として厳しい競争が行われていることが窺われた。