平成29年度労働災害発生状況 死亡・死傷共に増加

厚生労働省は5月30日、平成29年度の労働災害発生状況(確報)をまとめた。休業4日以上の死傷災害の被災者は12万460人(前年比2550人増)、うち死亡災害は978人(同50人増)となり、どちらも前年を上回った。ビルメンテナンス業の休業災害は3085人(同49人増)で3年ぶりの増加、死亡災害は15人(同1人増)で2年連続の増加となった。