国土交通省 「工事」は75~92%に

国土交通省は、「工事」と「測量」の低入札価格調査基準の範囲を10年ぶりに見直し、4月1日以降に入札公告を行う案件から引き上げた。
低入札価格調査制度は、低価格入札により提供される工事や役務の品質に問題が生じることを防ぐための制度の一つ。契約内容に適合した履行がなされない恐れがある場合として一定の価格基準(低入札価格基準)を設定し、基準に基づいて算出した価格を下回る価格を提示した入札者については履行可能性を調査し、履行可能性が認められない場合は落札者としないことができる。