令和2年9/28発行【1910号】主なトピックス

副業・兼業促進ガイドラインを改正
労働時間の管理モデル示す
厚生労働省は労働政策審議会での議論を受け9月1日、「副業・兼業の促進に関するガイドライン」を改正した。改正されたガイドラインは、副業・兼業を行う場合の労働時間管理のあり方や労働者の健康管理などについてルール化し、内容の充実を図っている。労働時間管理では複数事業所での労働時間を通算する場合を明確にし、通算方法を示すとともに簡便な労働時間管理の方法も提示している。

来年度から全面施行
基準適合義務の対象拡大 条例による上乗せも可能に
政府は9月1日、改正建築物省エネ法の関係政令を閣議決定し、オフィスビルなどに対する省エネ基準適合義務の対象拡大を含む改正法を2021年4月1日から全面施行することとした。

長時間労働監督指導結果
8割近い事業場に是正勧告
監督指導は50人未満の事業場が8割超
厚生労働省は9月8日、2019年度に実施した長時間労働が疑われる事業場に対する監督指導の結果を公表した。対象となった3万2981事業場(前年度比3884事業場増)のうち、78・1%(同8・5㌽上昇)にあたる2万5770事業場(同5526事業場増)で労働基準関係法令への違反が確認され是正勧告書が交付されたほか、多くの事業場に対して健康障害防止に関する指導が行われた。監督指導の対象となった事業場の規模は「10~29人」41・7%、「1~9人」25・3%、「30~49人」14・7%などで、50人未満の事業場が8割以上を占めている。

2019年病院耐震化状況
80%の目標達成は困難に  
拠点病院耐震化率は92%

厚生労働省がまとめた病院の耐震化状況によると、2019年9月1日時点の耐震化率は76・0%で、前年調査時より1・5㌽上昇したものの、政府目標である耐震化率80%の達成は困難な状況となっている。調査対象となった8315病院のうち、全ての建物に耐震性がある病院は6318施設、一部の建物に耐震性がない病院は633施設、全ての建物に耐震性がない病院は113施設、耐震性が不明な病院は1247施設で、他に未回答が4病院あった。

国交省
官公庁施設の営繕計画に意見書  2021年度予算総額は4174億円
国土交通省は8月20日、官公庁施設の建設等に関する法律(官公法)に基づき各省庁が提出した営繕計画書に対する意見書を各省庁に送付した。