ビル新聞 令和2年2/24発行【18946号】主なトピックス

全国ビルメンテナンス協会 厚労省が各種施策を説明
(公社)全国ビルメンテナンス協会は1月22日、東京都千代田区のホテルニューオータニで全国都道府県協会長会議を開催した。厚生労働省の生活衛生課と年金課の担当官がそれぞれの施策について解説したほか、協会執行部が20年度前半期の取り組みを中心に主な全国協会事業について説明し、各地区協会の理解・協力を求めた。

第47回建築物環境衛生管理全国大会 19人に厚労大臣表彰
(公財)日本建築衛生管理教育センターは1月23~24日の2日間、東京都千代田区の日本教育会館一ツ橋ホールで、メーンテーマに「建築環境のリスクと安全を考える─東京オリンピック・パラリンピックを機に─」を掲げ、「第47回建築物環境衛生管理全国大会」を開催した。

 501人が合格 合格率は74.4% 2019年度「ビル経営管理士
(一財)日本ビルヂング経営センター(櫻井康好理事長)は1月31日、2019年度「ビル経営管理士」試験の合格者を発表した。
2019年度のビル経営管理士試験は、昨年12月8日に全国6会場(札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、福岡)で実施された。全国で673人が受験(18年度659人)し、このうち501人(同475人)が合格した。合格率は74・4%(同72・1%)だった。

●就労条件総合調査 有給取得率は52.4%
厚生労働省がまとめた2019年就労条件総合調査によると、勤務間インターバル制度を「導入している」企業は3・7%(前年比1・9㌽上昇)、「予定又は検討している」企業は15・3%(同6・2㌽上昇)で、徐々にではあるものの制度が浸透しつつあることが分かった。

●ソフトバンクロボティクス「ウィズ」の新CMに広瀬すずさんを起用
ソフトバンクロボティクス⑭(本社・東京都港区)は、AI清掃ロボット「Whiz(ウィズ)」のテレビCMに女優の広瀬すずさんを起用することを発表した。新テレビCMの「Whizで隠れダスト清掃」篇は東京では2月3日から、2月10日からは大阪、名古屋、北海道、福岡でも放映を開始。その初日となる2月3日には東京都渋谷区の渋谷ストリームホールで、Whiz新キャンペーン発表会が行われ、多くの報道陣が集まり注目度の高さを窺わせた。