ビルクリ職種が「技能実習3号」の対象に

厚生労働省は3月14日、外国人技能実習制度で最長5年間の日本での就労が可能となる「技能実習3号」への移行対象職種にビルクリーニング職種を追加した。人材不足が深刻化する中で、4月から施行された改正入管法に基づく在留資格「特定技能」とともに、ビルクリーニング分野での外国人雇用に関する選択肢が広がることになる。